私のRomanを探しに

人生変える計画から私のRomanを探しにに変更しました

読書記録 4月26日

今日は一冊読み終わったので読書記録書いていきます


あなたの感じることは絶対ただしい

あなたの感じることは絶対ただしい
あなたの感じることは絶対ただしい
学研パブリッシング



今回も上原愛加さんの本です


最初に出てくるねずみの王様がすごく好きで
王子様じゃなくて王様っていうのが良いなと王子さまって将来を約束されてるって感じですが
王様ってもうすべて持っていて国や民を捨てでも恋をした女の子のために
ただのねずみくんになってポーチに住み着いちゃうなんて


可愛いポーチを買って持っていたら私にもねずみくんが来るかなと思っちゃいます
普段よりも難しい内容でしたがところどころに出てくる絵が凄く可愛くて読みやすいです


私は自己肯定感がとても低くすぐ自分を責めたり無理をさせたりすることが多いですが
そんな気持ちから守るのも自分自身でしかないんだなと
疲れているのに夜更かしするから口内炎という形で私の心が休ませてと言っているので
今日は早めに寝て自分をいたわってあげたいです


自分を大事にするといことをしっかり心にとめておかないと
人目を気にする私になってまた自分の気持ちをないがしろにしてしまうし
本当のなりたい自分にはなれないですね


あと命の地図というものがあり私たちは自分のあるべき場所に行くために
生まれた時からその場所を知らされているそうなのですが
この話を読んでいるときにどうしてもそこに行きたいと思いました


どういう場所なのかも分からないけどその場所に行けたら私はもう何もいらない
のだろうと
この記事を書いているときにこの歌を思い出してはりました


この歌っているカネイラさんは外国の方で祖国に帰られ歌い手も引退してしまったそうですが私はこの曲はカネイラさんの歌声が一番好きです



星織り唄 / Hoshi ori uta を歌ってみた「Kaneïra」


あと情熱につても書いてあり私もたまにどうしてもこれが欲しいとかここに行きたいとか
ありそれが何なのか分からなかったですがそれを情熱と表現されていて?ってなっていましたが


私自身が思っているよりも大きい自然の力が働き私に訴えかけているそうです
それを一つ一つ叶えていけば私はなりたい自分になって命の地図が記した場所にたどり着けるのかな